2010年11月20日

金曜:SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜

SPEC スペック〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜
SPEC I (角川文庫) [文庫] / 西荻 弓絵, 豊田 美加 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)
長っ。優しさを感じないこのタイトルの長さよ。
もちろん「公安部〜」あたりからはうろ覚えですのでコピペ。

ぴきちゃ〜ん、遅くなったけど新ドラマ第2弾ですよwww てか今更だなほんと…;

遊び半分・シリアス半分でいいテイストです。お笑い寄りの【TRICK】とシリアス寄り【ケイゾク】とを足して2で割ったような。
詳しい内容はドラマ公式サイト(やらwikiやら)に載ってますが、スタッフの高いテンションに腰が引けて1度しか覗いてない…でも裏話などの露出が高いのでSPEC好きな人には必見だと思います。

<ざっとあらすじ>
特異な能力であるSPEC(超能力的レベルな)を持った者たちと、次々に起こるSPECを利用した犯罪、それを捜査する公安部公なんたら略してミショウの刑事たちの闘い。
リアル感あふれる社会派ドラマは会社の事を思い出すからしんどい、こういう現実離れしたエンタメは現実逃避できていいよね、と友人が言ったからこのドラマは癒し系。

<ヒロインたち>
当麻サヤ(ヒロイン):
推理が終了すると「いただきました」が決め台詞。決め台詞多いなぁ今回のヒロインたちは…ちなみに【ナサケの女】では「脱税するやつは日本の〜を〜するな!」(例:道路を歩くな、空気を吸うな)。
大食漢で雑でクチが悪く、よく相棒の瀬文に殴られている。こう見えても正義感の塊。記憶力、動体視力他およそ体力以外の能力は非常に高く、ハッキングもお手の物。トレードマークは左腕のギプスと三角巾。身なりは汚いが包帯だけは清潔で綺麗に巻かれていたりする。

瀬文タケル(同僚):
SPEC絡みで問題を起こし、1話にSITからミショウへ異動になった。当麻の飼育係でよく暴力的指導を行っている。トレードマークは似合いすぎるスキンヘッド。几帳面なお堅い性格で、ぐーたらな当麻とは対照的。

野々村光太郎(係長):
ミショウの責任者。【ケイゾク】の最後から役職が変わってないのが痛々しい。普段はほにゃららとしているが、いざとなると頼りになる部下思いの上司。糖尿を患っている。年の差50歳カップルの雅ちゃんといつもラブラブで羨ましい限りだが、離婚手続きは相変わらず難航している模様。

地居サトシ(当麻の元カレ):部外者ながら毎話必ず出てくる。(【クローザー】のフリッツみたい)

一十一(SPEC所有者):当麻の敵。時間を止める能力だけではないはずだけど…謎(ΦωΦ)

冷泉(SPEC所有者):意外と主要人物。「アッコちゃんの呪文 レモン 占い師」で検索すると上位に出る。

津田(公安の偉い人):
椎名結平さんが特別出演しています。【TRICK2】ではインパクトある役柄を友情出演されていますが、いまだにその影響強く彼を見る度に「椎名結平岩」と呼んでしまうのは私だけではないはず。こういうのをインセプションっていうんですかね。
え?役柄? SPECについて誰よりも詳しくミショウの動向も手の内という裏ボス的存在(実際上司)。何が目的なのかまだ明かされていない。

ところでこのドラマ、当初【ケイゾク2】だとの噂を聞きワクワクしてたんですが、結果「2」ではなく、スピンオフ作品でした。
コミックバンチで○ャンプ作家が名作の続編を!というので期待してたらエンジェル・ハートも蒼天の拳も別物だったというデ・ジャブ再びです。10年以上経ってそっくりそのままの続編を作れっていうのも無理な話ですしね、仕方ないかぁ。

さて、あっという間に6話まで終わってしまいました。
1〜4話までは単発的な犯行を収拾するだけの1話完結だったんですが、5話あたりからググっと物語の核心に近づく展開に…やっとモーターのコイルがあったまってきたところだぜって感じです。

* 以下6話だけの雑感(ネタバレなし) *
posted by ガブ at 09:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

ファイアボール(アニメ)

最近、感想ばっかで何ブログだここは!?って思う今日この頃…ピクミーごめん;

ファイアボール [DVD] / ディズニー (出演)ファイアボール [DVD] / ディズニー (出演)

今日変なものを観てしまいました…妙に頭に残って仕方ない【ファイアボール】というアニメ。
ちなみに魔法も火の玉ボーイも関係ないです。濃厚でナンセンスな酸味がたまらない(って人がいるかもしれない)知る人ぞ知るコメディ作品かと思います。
私みたいについぞ知らなかったという方に簡単に説明すると、初音ミク似のお嬢様ロボットと、重機みたいなその執事の掛け合いで進行する1話が2分程度の超短編CGアニメです。
執事の名前をまともに呼ばないお嬢様の登場からだいたい始まります。

 *以下雑感です*
posted by ガブ at 16:47| Comment(17) | TrackBack(1) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

レギオン LEGION

レギオン…原題まんまが邦題になっちゃったパターンです。
私だったらなんて付けるかな。【なるようになれ】とか。この作品の神って結局何がしたいのだって思う。


レギオン コレクターズ・エディション [DVD]

レギオン コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD





新作DVDです、借りてきました。面白かったので感想書いてみようと思います。
感想なんていうのは人それぞれですが、この作品に対しては私はマイノリティのようです。世間受け悪いよこの映画。


 * 長文注意 *
posted by ガブ at 08:47| Comment(13) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

水曜:黄金の豚−会計検査庁 特別調査課−

新ドラマ観ました。
唐突ですがレビューみたいなものを書かせてもらおうと思います。


「黄金の豚−会計検査庁 特別調査課−」DVD-BOX


¥ 元詐欺師で仮釈放中というヒロインが、異例の抜擢で会計検査庁の調査官に。
それまで事なかれ主義だった調査員たちも彼女を筆頭に正義の使者に生まれ変わる(かも)。
役人たちの不正を暴き倒すという1話完結、痛快至極な勧善懲悪ドラマ。

  今クールのドラマ陣、なぜか漢字が多くて長ったらしいタイトルのドラマが多いです。
そしてサブタイ長っ! もはや副題ではなくタダの説明じゃ〜q( ゚д゚)pブーブー

¥ 本作の”会計検査庁”というのは架空(冒頭に一応エクスキューズ入ってます)の省庁だけど、会計検査院がモデルみたいです。
税金を使って運営・管理している機関を対象に会計の不正使用がないか調べるところなのかな〜?
行政に疎いので正確なところは全く理解できていません。

¥ 現在2話まで視聴済ですが、【踊る大捜査線】に近い印象を受けました、安定感が。
ヒロインがたびたび指を鳴らして一言物申すところは多少うざいなと感じますが、全体的にコメディタッチで明るめ。
シリアスに寄りすぎないドラマなので、継続して視聴を続けられそうです。

¥ 出演者が多い。お金かけてるって気がする。少なくても人件費はかかってますよ。
ヒロインは2係に配属だけど、1係と3係あわせて一部屋に十数人が居合わせてるわけで(モブ的な扱いだけど)。
このなかに将来有名になる俳優さんもいるかもしれない?

¥ 決めゼリフは「カネ返せ」らしい。これはヒネリがなさすぎてあんまりだと思います。

¥ キャストが好み。勝手に好み。
生瀬勝久さん。
一般的な上司の見本みたいな保守人間。部下があげた手柄を自らの手柄に脳内変換してしまう特技がある2係の課長補佐。

大泉洋さん。そこに居るだけで和む&笑いを誘います。芸能人が天職だなって思う。
ヒロインに触発されてか、たまに男気を発揮しては周囲を驚かすボンバーMAN。個性(アク)の強い2係のなかでは比較的まともな性格の主任。

桐谷健太さん。お笑いもシリアスもしっかりこなせる演技派俳優ですね。大好きです。
ヒロインはじめチームが臨む世直し運動に唯一、乗り気でないのがこの人。世間ずれした否定的な発言でチームのテンションを下げまくる。しかし内実は堕落した組織をどうにもできない自分に絶望と憤りでいっぱいな善人なんじゃね?と思わせる言動が見え隠れするツンデレMAN。今後の活躍に期待大。

役名:金田鉄男って…AKIRA?あせあせ(飛び散る汗)
岡田将生くん演じる工藤 優は、工藤俊作+松田優作っぽい…ってこれは考えすぎか。

もたいまさこさん、道を踏み外した娘を見放さず暖かく見守る肝っ玉母さん。いいですよねぇこの方の演技ってほんと自然で。

  ほかにもあげたいですがキリがないのでこのへんで。  主役がいませんけど…!?

¥ 大泉洋さんが手提げ袋を落とすシーンはお約束なのかなぁ。(現在2話連続中)
ぜひ続けてほしいです。何度観ても面白いw
篠原涼子さんとの【ハケンの品格】コンビが再びって感じでした。そういえば同じ日テレですね。


公式サイト http://www.ntv.co.jp/buta/index.html

posted by ガブ at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それから、それから…

↑ TOPへ戻る